菅田将暉の父親・菅生新はアムウェイとは無関係!年収〇億円の有名経済人だった!

今回は俳優菅田将暉に関する話題をお届けします。

菅田将暉父親職業アムウェイという噂がある。

という情報が入ってきておりますので、今回のテーマはコレにしときますわ。

ーーー【今回のテーマ】ーーー

菅田将暉父親の人物像と現在の親子関係について

ーーーーーー

この父親の事に関して世間の関心事は以下の内容の様です。

★★★『世間の関心について』★★★

 菅田将暉の父親の職業はアムウェイの偉い人?

 父親が昔、役者をしていたって本当???

 親子関係はどうなの???

この記事で分かる事

・菅田将暉の父親の人物像と経歴

・父親の職業

・親子関係

菅田将暉の父親の人物像について

この投稿をInstagramで見る

@no_sdmsk.no_lifeがシェアした投稿

✅菅田将暉の父親のプロフィールをご紹介します。

菅田将暉の父親のプロフィール

・生年月日:1959年8月8日(2021年現在:62歳前後)
・出身地:高知県
・出身校:同志社大学卒業
・職業:経営コンサルタント、実業家、著作家

菅田将暉の父親は菅生新(すごうあらた)という名前です。

珍しい苗字ですね。

菅田将暉の芸名は本名の「菅生」の「菅」から取ったのではないでしょうか。。

因みに、菅田将暉の本名は「菅生大将」といいます。

凄く男らしい名前ですよね。

父親・菅生新は1959年8月8日うまれということで2021年現在62歳ということになります。

こちらがそのお父様の画像です。

画像引用元:https://ameblo.jp/sugou-arata/

実年齢の割には若々しくてイケメンです。

菅生新さんの出身校は、私立の男子校(当時)の南海清風高校です。

同校は大阪府でも屈指の進学校として知られ、東大や京大などの難関大学に進学する卒業生も多数います。

菅生さんの在籍時は現在ほどのレベルではありませんでしたが、当時から進学校でした。

高校時代はブルース・リーに憧れて少林寺拳法部に入部しており、他にも剣道を習うなどしていました。

高校卒業後は、関西の名門私大の同志社大学に進学しています。

なかなかの高学歴ですね。

現在は『株式会社エグゼクティブ』という会社の代表取締役を務めていますが、ラジオやTVなどで経済・経営番組も持っているようで関西方面で有名という事らしいです。

◆菅田将暉父親とアムウェイの関係について

✅菅田将暉の父親が『アムウェイ』の関係者なのか?という噂がある様ですが、事実なのでしょうか?

アムウェイとは

家庭日用品などを主に口コミなど連鎖販売取引で販売する企業で世界100以上の国と地域で販売をしている。

結論から言うと、ガセネタです。

菅生新氏の職業は会社経営者ですし、過去の経歴でアムウェイに関わったという情報は皆無でした。

では、何故アムウェイの関係者説が流れたのかというと、

実は菅生新氏は、過去に「SMIプログラム」という自己啓発商材の販売代理店をしていたことがある様なのです。

SMIプログラムとは、

目標設定とモチベーションの第一人者であるポールJ.マイヤーという人によって創立された会社の自己啓発の商材で24ヵ国語に翻訳され世界60ヵ国以上で販売・実践されている能力開発プログラムです。

商材の内容としては決して怪しいものではなく、かなり評価が高い様です。

ただ、代理店販売という販売手法が、アムウェイのネットワークビジネスと混同されて間違った噂が広まったのでしょうね。

尚、菅生新氏は、SMIの世界大会で「セールス世界大賞」を受賞するほど成績をあげていますので、かなりの営業力を持った人だったのでしょうね。

菅田将暉の父親の経歴について

この投稿をInstagramで見る

@_sdmsk_がシェアした投稿

✅菅田将暉の父親は、関西の方ではかなりの有名人という事ですが、そんな父親のこれまでの経歴について見ていきましょう。

◆元イケメン俳優

菅生新氏は菅田将暉同様、俳優をしていた時期がったのです。

学生時代の頃ですが、時代劇俳優として「水戸黄門」や「大奥」、「暴れん坊将軍」などに出演していたそうです。

どれも人気番組ですよね!

そして、コレが当時の画像ですが、

画像引用元:https://ameblo.jp/sugou-arata/

やはり、かなりのイケメンですよね。

この時期の俳優経験について菅生新氏は学生時代にプロの時代劇役者として過ごしたことで学費や生活費を自力で稼ぎ、確固たる自立心を培ったと語っています。

学費を自分で賄える程のギャラを稼いでいたという事でしょうね。

◆トップセールスマン

菅生新氏は大学卒業後、新卒で藤沢薬品工業(現在はアステラス製薬)に入社し営業マンとしてトップの成績を挙げたこともあるというのです。

藤沢製薬工業は、営業担当の社員が1,200人ほどいたそうですが、その中でトップセールスを勝ち得るとは相当な能力があったという事ですね。

◆独立したきっかけについて

藤沢薬品工業でエリート営業マンとして活躍していた菅生新氏は1989年、30歳という節目の歳に独立を決意します。

独立のきっかけは、サラリーマン時代に営業先で出会った経営者夫婦の出会いだったとの事。

その出会いにより、世界最高の自己啓発プログラム・SMI(サクセス・モチベーション・インスティチュート)の存在とビジネスモデルを知り、藤沢薬品を退社したとの事です。

それからSMIの代理店としてセールスを開始する事となります。

安定したサラリーマンから独立をするとなると、かなりの決断力が要ると思いますが、元来向上心が高く、サラリーマン時代に常に経営学などの勉強をし続け自己啓発にも高い関心があったらしいので直感的に”ビビッ”と来るものがあったのではないでしょうか。

◆SMI時代の実績

そして、SMIの代理店として独立してからも輝かしい実績を残しておられます。
全世界88カ国で展開し約3,000の販売代理店が有り約60,000人セールスパーソンが存在するSMIの中で優秀者に送られる「セールス世界大賞」を、1991年、1992年と2年連続で受賞しているのです。

素晴らしいです。出来る人は業界を選ばず結果を残せるという事でしょうね。

◆設立した会社について

SMIの代理店として活躍を続け現在では、『株式会社エグゼクティブ』という会社を経営しています。

この会社のサービス内容は以下の通りです。

・中小ベンチャー企業の成長戦略 事業計画支援

・売り上げ拡大のためのトップ営業及びマスコミ戦略支援

・人材育成の為の会議、社内モチベーションセミナー開催

・ベンチャー上場企業の指導育成実績

と、まぁ素人にとってはかなり難解なビジネス用語が並んでいますが、要は会社を育成させる為のコンサルティング業務を主なサービスとしている様ですね。

更に、『一般社団法人アジア経営者連合会』の顧問大阪市立大学非常勤講師という肩書も持っています。

今まで培ってきた営業のスキル・経験・知識や人生の成功哲学がフルに発揮出来るフィールドで活躍しているのですね。

◆ビジネスパーソン菅生新氏の業界での評価について

経営コンサルタントとして一流の結果を出してきた人だけあって、彼の話が「為になる、勉強になる」といった高い評価が大多数です。

◆各種メディアで大活躍

また、経営コンサルタントを務める傍らテレビをはじめ多数のメディアに出ているのです。

・ニュース番組「voice」のコメンテーターを担当

・自信の番組を持ち経済対談番組を放送

└サンテレビ「菅生新のサクセスファイター」

└東京MX「菅生新のドリームファイター」

・菅田将暉の父親としても、バラエティ番組などにも出演

こういったメディアに出られる様になったのは、一流の経営コンサルタントとして常に結果を出し続けてきたからなのでしょう。

しかし、あまりにもメディアなどの活動が目立ってしまい、週刊誌には「出たがりな(菅田将暉の)父」として報道されてしまったこともあるのです。

大きなお世話なのでしょうが、大スターの父親という肩書も背負っている為、その有名税といったところでしょうか。

ただ、これに関しては菅田将暉でさえ「僕よりも前に出るタイプ」だと苦笑していた事もある様です。

◆本の執筆

また、3冊の本の執筆も行っています。

・「成功する人はなぜ『やる気』を持ち続けられるのか」

・「成功した起業家はなぜモチベーションを持ち続けられるのか」

経営コンサルタントとしての知識を活かしてその経営戦術をまとめたビジネス本です。

画像引用元:Amazon

レビュー

・『この本から、机上の空論ではなく、諸先輩たちが、実際に歩んでこられた、道を知ることができました。起業を考えている方はもちろん、若いビジネスパーソンにもお勧めの本です。』

・『海千山千のベンチャー企業の経営者さんから学ばれたノウハウと、菅生先生ご自身のご経験(エリートセールスマン時代や現在も多くのベンチャー企業のコンサル)が融合されていて、菅生先生のオリジナルの言葉で成功のノウハウ書としてまとめられている渾身の力作です。』

極めて実践的なビジネスや経営のノウハウが盛り込まれている上で、人間関係の在り方など幸せを探求する為の考え方なども書いてある万人向けの本の様ですね。

・「スゴー家の人々 自叙伝的子育て奮闘記」

自らの壮絶な半生とその教訓を基に子育てをした自叙伝的子育て論の本です。

画像引用元:Amazon

レビュー

・『途中何度も号泣。自分が菅生新さんに産まれたらこんなに努力出来ただろうか?と思います。ガッツをもらいました!!!』

・『著者の力強い生き様、奥様と築かれてきた温かい家庭、オリジナリティ溢れる子育て。学ばせて頂くことが沢山あります。』

著者が幼少期に経験した両親の泥沼離婚や貧乏生活など、経験を踏まえた独自の子育て論が詰まった内容ですので、言葉1つ1つにかなり説得力がある様です。同じ子供を持つ親子さんたちに子育ての悩みのヒントになったり勇気を貰ったという声が多い様ですね。

3冊とも高評価のオンパレードですので、気になる方は是非読んで見られてはいかがでしょうか。

◆推定年収について

気になる年収の方ですが、経営コンサルタントというのはその職業柄ピンキリでかなり開きがあります。
平均すると約700万円だそうです。

ただ、菅生新氏ほどの売れっ子の超一流コンサルタントとなると数千万円は固いのではないでしょうか。

更に、各種メディアでの出演料、講演会、執筆している本の印税などを含めるともしかしたら、億単位の年収があるのかも知れませんね。

◆教育方針について

仕事柄コンサルなどで人材育成や企業研修なども行う菅生新氏は、いわゆる教育の分野ではプロフェッショナルというイメージですが、自身の子供たちにはどんな教育を施していたのでしょうか。

菅生新氏が自身の教育論について語った事を以下にまとめてみました。

・人とのご縁を大切にし、それをしっかりと育むこと。

・自宅出産でしっかり命の誕生を見ていたので、相手への慈愛が出て兄弟げんかが無い。

・親が本人の挑戦したいという感情を上手くすくいあげてあげる。

・仕事を継続的に貰える。売れる為に重要なのは人間性。人間は「もう一回会いたい」と思う人と会うもの。

・小さな頃から、父親の仕事を頑張っている背中を見せる事で大人の世界の空気を吸わせておく。

・家族という最も近い存在の人への感謝の気持ちを育み社会性を身に付ける。

子育てをテーマにした「スゴー家の人々 自叙伝的子育て奮闘記」にも記載されていますが、意外にも最も意識してきたのは「感謝の気持ちを大切にする」や「出会う人との人間関係を大切に育む」といった超基本的な事の様です。

ただ、この当たり前と思える事を実践するのが実はなかなか難しい為、幼少期からしっかりと教育されてきた菅田将暉の様な人間が大成功を収められた要因かも知れないですね。

更に、菅生新氏が教育論について座右の銘にしている事がある様です。

それは、

「わが家に伝わる成功哲学は、“何ごとにも挑戦していくと自分の道が開ける”」

とのことです。

菅生新氏は経済人でありリスクヘッジの観念もしっかりとお持ちの方ですので、息子である菅田将暉をしっかりと大学にも行かせ大学を卒業するまでに芽が出なかったら、就職するということを考えていたとの事です。

親心としては当然でしょうね。

そんな時に、「仮面ライダーW」の大仕事の話が舞い込んでき大学進学か、芸能界一本か心底悩んだそうですが、最後は「願ってもないチャンス」ということで、上京してライダーをやることを選んだとの事。

結果的に、「仮面ライダーW」の仕事がきっかけで大ブレイクし今に繋がっています。

大学進学を諦め、芸能界1本に絞るという決断はリスキーなものだったかも知れませんが、「何事にも挑戦する」といった信念があったからこそ、今の大スター・菅田将暉の道が開けたのでしょうね。

どんな教育論も言うは易しですが、それをしっかりと実行出来る菅生新氏は素晴らしいですね。

菅田将暉と父親・菅生新の親子関係について

この投稿をInstagramで見る

菅田将暉(@sudaofficials)がシェアした投稿

✅菅田将暉と菅生新の親子関係ですが、至って良好の様です。

俳優として超多忙を極める菅田将暉ですが、年末年始には実家に帰省し家族と過ごしている様ですが、SNSに投稿されたその画像から父親含め家族仲の良さが伝わってきます。

画像引用元:https://ameblo.jp/sugou-arata/entry-12431096456.html

年末年始には家族で集まって美味しい食事を共にしたりカラオケに行ったりして家族の時間を満喫している様です。

また、

菅生新氏は息子の菅田将暉の事が相当気になるのか、菅田将暉本人には内緒でお忍びで菅田将暉の仕事場に足を運んだ事も度々あった事を自身のブログで綴っていた事もあるそうです。

かなり深い親子の絆をうかがわせるエピソードですが、息子を想う気持ちが強すぎる為か、ブログやメディアで菅田将暉のオフレコ話も結構公表されている様です。

これには芸能人のイメージやブランディングを切り口に売り出す芸能事務所としては頭を痛めている程なのだとか。

菅田将暉の所属事務所にとっては悩みの為かも知れませんが、なんだかほっこりする様なお話ですよね。

菅生新の妻(菅田将暉の母親)について

この投稿をInstagramで見る

菅田将暉(@sudaofficials)がシェアした投稿

✅菅生新の妻であり、菅田将暉を夫と共に育て上げた母親となる人物はどんな人物なのでしょか。

先ず、写真はコチラです。

画像引用元:https://ameblo.jp/winlife88/entry-12357552585.html

この容姿のクオリティでなんと2021年現在、57歳前後との事。

絶世の美魔女以外の何ものでもないですね。

お名前は、菅生好身さんという方で現在は、「WINLIFE」というエステサロンを経営しています。

『WINLIFE』は女性限定のエステサロンで大阪府吹田市渋谷区円山町に2店舗展開しています。

菅生好美さんがエステサロンの経営をスタートさせたのは子育てが一段落してからだそうですが、実はそれ以前にも事業を経営されていた過去があったのです。

菅生好身さんは結婚して子供が出来る前までは補正下着販売のビジネスをしていました。

この補正下着でかなりの売り上げを叩き出し、年商4億5,000万円の規模にまで成長させ、下着サロンを3店舗も経営していたそうです。

子供ができたことをきっかけに事業から身を引いていた訳ですが、元々ビジネスの才能をお持ちだった様ですね!

再び、事業活動に復帰した訳ですが、菅生新という最強のビジネスコンサルタントが夫についているので経営の方は安泰でしょうね。

尚、菅生好身さんは自身のブログを公開し近況を公開している様ですのできになる方はチェックされてみてはいかがでしょうか。

菅田将暉の父親について世間の声は?

菅田将暉ありきという事ではなく、菅田将暉がブレイクする前から菅生新個人として業界では有名な存在だったという事が分かります。

その菅生新が実は菅田将暉の父親とう事実にびっくりされている声が多い様ですね。

まとめ

今回は菅田将暉の父親に関する話題をお届けしました。

今回の『まとめ』に入りましょう!

菅田将暉の父親について

・菅田将暉の父親、菅生新氏はアムウェイとは無関係

・菅生新氏は経済界で有名な一流コンサルタントで多数のメディアに出演し本も出版

・親子関係は良好

・教育方針は、「人間関係を大切にし、何ごとにも挑戦していくこと」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.